イラスト講座

【イラスト講座】男女の顔の描き分け方 〜目の堀、頬骨、エラ骨で別れる

更新日:

男女の顔の違いは、目の堀、頬骨、エラ骨

男女の顔の描き分けをまとめてみました。男女の顔の違いは、目の堀、頬骨、エラ骨だと思います。

男女の違いはヘアスタイル(髪型)で表現することが多いと思います。しかし、中性的な男性や、美男子、ボーイッシュな女性を描くときは、ヘアスタイルではなく、顔で描き分ける必要が出てきます。そこで、男女の顔の違いをまとめてみました。

まず、ヘアスタイルが同じ場合の、男女を並べてみます。

どうでしょう?ヘアスタイル が同じでも、ちゃんと男女の違いが分かるのではないでしょうか?では、男性らしさ、女性らしさとは何でしょうか?一つ一つ分解して捉えていきます。

目の堀、頬骨、エラ骨が目立つと男性的になる

私が思う、男性らしさ、女性らしさはこれです。

  • 男性らしさ = 骨張って、デコボコ
  • 女性らしさ = 丸くて、滑らか

左に行くほどデコボコさせて、右に行くほど滑らかにしてみました。左の方が男性らしく、中央が中性的に、右の方が女性らしく見えると思います。

違いを表現するのは線と面で違う

線で表現しやすい男性らしさと女性らしさ、面(塗りや影)で表現しやすい男性らしさ女性らしさが、それぞれあるのではないかな、と思います。

結論、目の堀の深さ、頬が骨張っている感じは、面(塗りや影)で表現できます。それ以外は、線で表現できます。

そのため、中性的な男性やボーイッシュな女性は、線だけで表現しようとすると、男なのか女なのか分かりにくくなるのかな、と思います。

女性らしさを強調したい場合はメイクさせる

女性らしさを強調させたい場合は、メイクさせると良いです。逆に、男性にメイクさせると、中性的なイメージを強めることができるのでは、と思います。

  • この記事を書いた人

森武絵辰

福岡生まれ福岡育ち。布団と漫画が、三度の飯より好き。中学入学祝いに祖父からパソコンをもらってから、デジタルイラストを描き始めて、今も描き続けています。

-イラスト講座
-,

Copyright© 絵師のためのネタ帳 , 2020 All Rights Reserved.